メニュー

近畿大学医学部生化学教室

  • JAPANESE
  • ENGLISH

近畿大学医学部生化学教室について

私たちの体には、がん細胞、ウイルス、細菌といった異物を排除する様々なシステムが備わっています。では、がん細胞はどの様に、生育環境に適応し、監視機構から逃れ、自らの生存と増殖の継続を確かなものとしているのでしょうか?我々の研究室では「がん細胞がその生物特性を獲得し維持するメカニズム」に興味を持って研究しています。エピジェネティクスをはじめとする、多段階にわたるがん化の過程で重要な役割を果たすがん化制御機構の解明が、新たながん診断・治療・予防法の開発に結びつくことを願っています。

詳しくはこちら

がん研究とは...

現在、日本人の2人に1人ががんに罹患し、3人に1人はがんで死亡するとされています。近年の急速な医学の進歩によりがんの治療成績は目に見えて向上していますが、早期発見が困難ながん、治療抵抗性のがん、再発・転移性のがん、、、

詳しくはこちら

エピジェネティクスとは...

エピジェネティクスとは、DNA塩基配列の変化を伴わない遺伝子発現の変化を意味します。そういった情報はヒストンなどのDNA結合タンパク質の修飾、核酸修飾、非翻訳RNAの発現といった変化、、、

詳しくはこちら